メインコンテンツへスキップ

【STORESレジ】レジとドロアーの接続方法

ドロアーの自動開閉コントロールは、iPad(STORESレジ)から直接ドロアーへ実行される仕組みではなく、プリンターを経由して行なわれます。そのため、自動開閉するドロアーのご利用には、プリンターとの接続が必須です。

以下のプリンターをSTORES レジと接続して利用している場合にのみ、ドロアーと対応しているプリンターを連携して自動開閉でご利用いただけます。

 

■プリンター購入時の注意点■
STORES レジアプリ とプリンターの接続は「Bluetoothインターフェース」が必須です。あらかじめ対応している周辺機器をご参照の上、製品購入時は対応している型番にてご購入ください。

 

動作端末名称 型番 メーカー 自動開閉対応のプリンター
CD-A3336CD-A3336.jpg -


EPSON

TM-m30II-S

TM-m30II-SL

TM-m30II-H

TM-T20II

TM-m10

TM-m30

MJD36M

__________2022-01-02_9.59.58.png

 

-

スター精密

MCP31LBmC-Print3

TSP654IIBI2-24OF JP

MCD36M
__________2022-01-02_10.00.05.png

※メーカー販売終了

-

スター精密

 

MCP31LBmC-Print3

TSP654IIBI2-24OF JP

 

mPOPシリーズ
__________2022-01-02_10.00.11.png

POP10-B1/

POP10

スター精密

プリンターとドロアーが一体型

※上記以外の機種、端末については動作検証しておりません。
※ドロアーは、会計時および精算終了時のみ自動で開きます。それ以外は手動で開ける必要があります。

 

あらかじめ、STORESレジとプリンター機器の接続が必要です。方法については以下のお手持ちの機器との接続方法をご参照ください。

 

 

■接続方法

  • EPSON ドロアーCD-A3336 と EPSONプリンターの接続方法

    1. あらかじめ、STORESレジと下記対応プリンターを接続します。

    接続方法については機種ごとの下記接続方法ページをご参照ください。


    2. プリンターとの接続後、ドロアー 「CD-A3336」とプリンターをキャッシュドロアーケーブルにて、モジュラジャックにつなぎます。

    <プリンタ背面のモジュラジャック>
    ※以下サンプル画像は、プリンタ機種「TM-m30」です。ご利用のEPSONプリンタ対応機種の背面等にあるモジュラジャックに接続します。(機種によっては、類似した形状の差込口、LANケーブル差込口がある場合があります。ご注意ください。)
    __________2022-01-02_10.02.09.png



  • スター精密 ドロアー MJD36M / MCD36M  と スター精密プリンターの接続方法

    1.あらかじめ、STORESレジと下記対応プリンターを接続します。

    接続方法については下記をご参照ください。


    2.プリンターとの接続後、ドロアー 「MJD36M」、または「MCD36M」とプリンターをキャッシュドロアーケーブルにて、モジュラジャックにつなぎます。(プリンターの背面に「DK」と刻印されているジャックに差し込みます)



    <プリンタ背面のモジュラジャック>             <プリンターとドロアーの接続状態>
      __________2022-01-02_10.02.18.png    __________2022-01-02_10.02.27.png




  • スター精密ドロアー一体型プリンターとの接続方法
    mPOPシリーズとの接続方法をご確認ください

 

■ドロアーが開くタイミング

  • お会計完了時
  • 精算(レジ締め)完了時

上記以外は手動または「ドロアーを開く」ボタンの操作で開ける必要があります。

 

<関連リンク>

【STORESレジ】推奨利用環境について

この記事は役に立ちましたか?

問題が解決しない場合は 問い合わせフォーム よりご連絡ください